非正規対策・人材確保専門家派遣事業

KOBATON

非正規対策・人材確保事業について

 昨今の埼玉県下では、総雇用者数が増加している一方で、正規職員・従業員(以下、正社員)数は減少し、非正規職員・従業員(以下、非正規労働者)は増加傾向にあります。平成28年度「埼玉県就労実態調査報告書」によりますと、県内企業で働く労働者のうち非正規労働者の割合は、中小企業で31.7%、大企業では非正規労働者が38.6%となっています。この中には、正社員としての就労を望みながらも、それが叶わず非正規に雇用されている不本意非正規労働者が一定割合存在すると考えらます。労働者の生活基盤の安定と将来設計を可能とするためには、非正規労働者の正規化を進めていく必要があります。

 一方で、日本国内の少子高齢化により生産年齢人口の減少が進み、埼玉県でも生産年齢人口が463万人(2015年)から424万人(2025年)に減少する見通しです。有効求人倍率については、平成27年には1.02倍となり、現在企業側では慢性的な人材不足の状況となっています。さらなる少子高齢化によりこの流れは加速すると思われ、労働力の確保や生産性の向上が大きな経営課題となってきます。企業が人材確保に取り組む上で、現在の就業環境の整備等も含めた労働者の福祉の向上も大きな課題の一つとなってきます。

 このような時代的な背景から、労働者の福祉の向上と、雇用する側の企業の組織体制や制度等の整備の両輪で成長を図ることが重要な課題です。埼玉県では、地域活性化や企業の発展のために、非正規・人材確保事業を今年から始めました。

 

人材重視の経営のメリット

 働き方改革が謳われていますが、人材重視の経営は、組織活性化や従業員のモチベーショオアップによりプラスの連鎖が生まれます。ひいては売上額の向上と利益率向上に繋がり、企業の収益向上を

図ります。貴社も是非、人事・組織戦戦略をこれを機会に見直して見ませんか。

主催:埼玉県産業労働部勤労者福祉課 企画・働き方改革担当

運営事務局:(一社)埼玉県中小企業診断協会

アクセス

〠〒330-0063

埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目

☎️048-762-3391